読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめマンガ感想文 mangasaikou

マンガの感想がメインの日記です。基本的に面白いなと思ったマンガしか感想は書きません!記事のあるマンガはすべておすすめのマンガになっていますので、良かったらこの面白さを共有しましょう。

マンガ 盾の勇者の成り上がり 感想

盾の勇者の成り上がり

▷ジャンル 異世界召喚ファンタジー

▷原作 アネコユサギ

▷漫画 藍屋

▷出版社 メディアファクトリー

▷掲載誌 コミックFLAPPER

▷連載開始 2014年3月号

 

あらすじ

盾の勇者として異世界に召喚された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ信頼と金銭を一度に失ってしまう。

他者を信じられなくなった尚文は絶対に自分を裏切らない奴隷を購入し、世界を憎みつつも元いた世界に帰るため世界を破滅に導くと言われる災害「波」に備える。

苦悩の果てに、彼が手にしたものは一体何なのかこれは一人の男が絶望の底から這い上がって行く軌跡を描いた成り上がりファンタジー!

 

感想

最近はタイトルに惹かれる漫画ばかり読んでしまいます。

勇者なのに盾

勇者なのに悪魔呼ばわり

 

みんなから嫌われて、盾の勇者は根性が曲がってしまうって漫画です。

凄く斬新。

途中も不当な扱いを受けまくる盾の勇者にイライラしたりします。

 

序盤から盾の勇者は武器を持つことが出来ないので、素手でモンスターを叩いたり、盾で叩いたりしたります。

でも全然ダメージ出ないので、倒すのに凄く時間がかかります。

 

盾の勇者には誰も仲間もいないため、途方に暮れる。

最初から勇者感0なんですよね。知力の限りを尽くして盾の勇者は進みます。

考えて道を切り開いていく様は面白いですよ!

 

ややネタバレになりますが、敵を倒せない盾の勇者は奴隷を仲間に入れます。

奴隷に代わりに戦ってもらいます。

この辺が好みわかれるところだと思いますね。

 

奴隷って属性はなんかなんかなーって感じになるんですよね。

主人公に奴隷なのに優しくされ、主人公に奴隷から解放されてもついていくってパターン。なんかこれ釈然としないんですよね。

 

いいんですけど嫌なんです。説明になってないですが、ここだけが私はあんまり好きくないです。

話は全体的に面白いので一読の価値は全然ありまりますよ。

 

なんだかんだ続きが気になって新刊が出るたびにみちゃってます。