読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめマンガ感想文 mangasaikou

マンガの感想がメインの日記です。基本的に面白いなと思ったマンガしか感想は書きません!記事のあるマンガはすべておすすめのマンガになっていますので、良かったらこの面白さを共有しましょう。

マンガ 魔法使いの嫁 感想

▷ジャンル ファンタジー
▷作者 ヤマザキコレ
▷出版社 マックガーデン
▷掲載誌 コミックブレイド
▷連載開始 2014年1月号

 

あらすじ

主人公がオークションにかけられるところから物語は始まる。主人公は「スレイ・ベガ」で非常に珍しい品として取引される。主人公を高額で買い取る魔法使い。「君を僕の弟子にする」物語が始まる!

 

感想

冒頭から物凄く独特で、でもなんか心地の良い世界感で話は進んでいきます。初めは人身売買から始まるからどんな内容かとおもえば、あったかい感じです。

 

能力のせいもあり環境的に恵まれなかった主人公チセは魔法使いの優しさにどんどん癒せれていきます。

 

家族にすると。お嫁さんにすると。弟子にすると。色々な事を言う魔法使いエリアスですが、穏やかに話は進んでいきます。不思議なエリアスですが、チセは唯一居場所をくれた人として心を許し、慕っていきます。

 

マンガっていいですよね。その世界感に浸れたら、凄く現実逃避できて。読んでいるだけで自分まで穏やかな気持ちになれたりします。仕事のストレスはいつの間にか忘れることができます。

 

私は、酒も、タバコも、賭け事もやらないのでマンガはスゲー癒やしです。これだからマンガはやめらんないっすね。

 

ブラックドックが使い魔ってのがグッときましたよ。犬好きにはたまらない。なんか子供の頃に犬に守ってもらえるシュチュエーションになぜか憧れたなぁ。

 

話が進むに連れて意外と恋愛要素が増えてきます。魔法使いは化物っぽいのにチセは魔法使いエリアスを好いている。なんか不思議な感じです。

 

そして物語は何かを目標にするわけでもない感じで緩やかに進んでいきます。チセを魔法使いにするっておおまかな流れはあってもゆっくりです。

 

めっちゃ癒される。でも「スレイ・ベガ」のチセはこのままでは3年くらいで死んでしまう。エリアスもそうならないようにする。と言ってるがこの辺が微妙な不安を残す要素として普段のゆっくりな時間の流れを大切に感じさせているのかもしれません。

 

★★★★★